ファイナンシャルプランナーの講座情報

ファイナンシャルプランナーの講座を学ぶ

ファイナンシャルプランナー講座で資格取得!役立つ職業は?

ファイナンシャルプランナー講座で資格取得!役立つ職業は? ファイナンシャルプランナーの資格は金融や社会保険、生命保険や損害保険、不動産、税金や相続などの知識が問われます。
細かい知識が問われる2級・1級のFP技能士検定やAFP・CFPを目指すのであれば、体系的に学べるファイナンシャルプランナー講座を活用するのが効果的です。合格実績が多数ある講座を選べば、試験対策となる演習を十分にこなすこともできますし、法改正にも即座に対応することができます。
自力で学ぶよりも試験に合格しやすくなることは間違いありません。
では、ファイナンシャルプランナーの資格を取ると、どのような職業に役立つのでしょうか。
この点、試験内容からもわかるように、銀行や保険会社、証券会社といった金融業界や、不動産会社への就職や転職に有利になることは間違いありません。
さらには、一般企業の事務を行う場合、社会保険に関する知識や税金、保険に関する知識はあった方が有利です。
つまり、金融や不動産業界にとどまらず、あらゆる業界で知識を役立てることができるのです。
なお、ライフプランナーとして独立・開業しているファイナンシャルプランナーも多数います。

ファイナンシャルプランナー講座で資格取得!合格率はどれくらい?

ファイナンシャルプランナー講座で資格取得!合格率はどれくらい? ファイナンシャルプランナーの講座を受講するか検討している方の中には、どのくらいの合格率なのか気になるという方も多くいるでしょう。
お金を払って受講するのだからこそ、独学での勉強よりも合格する確率が高くなければ意味がありません。
ファイナンシャルプランナー2級の一般的な合格率は15%前後です。一方で講座を受講した方は、40%ほどの確率です。
その年の試験の状況によっても合格する確率は変わってきますが、独学の方よりも通信や教室などに通って勉強することで、高い確率で合格できるようになります。
少しでもファイナンシャルプランナーの合格率をあげるために、自分と相性のいい講座を選ぶことも大切です。そこで自分がどのようなスタイルで学習したいのか考えてみましょう。
仕事が不規則なためスクールなどへ通うのが難しい場合には、通信を利用するのも1つの手です。
自分のライフスタイルや学習の進め方を考えて、自分にあった方法で合格する可能性を高めましょう。

Copyright © 2017 ファイナンシャルプランナーの講座情報 All Rights Reserved.